ケーブルテレビとアンテナ設置を徹底比較!視聴スタイルで選ぶ

アンテナ工事をしなくてもテレビは視聴可能

テレビを視聴する方法は様々で、ケーブルテレビに契約することで地デジも視聴することが可能です。しかし、契約前によく確認しておくことが大事です。

ケーブルテレビは毎月視聴料が発生

アンテナ

ケーブルテレビと契約をすることで、アンテナ本体の購入費とアンテナ設置の工事費を支払う必要はありませんし、新築住宅の外観を損ねることもありません。ですが、地デジを視聴するためには、毎月視聴料を支払う必要があります。長期的にはアンテナの購入費と工事費を大幅に上回るでしょう。ケーブルテレビのメリットは、地デジ以外のチャンネルが豊富なことです。スポーツ専門チャンネルや映画専門チャンネルもあります。また、ネット環境も構築できるプランも存在しています。毎月の視聴料やケーブルテレビのメリットを考慮して選びましょう。

包括的にはアンテナがお得

地デジしか見ない人もケーブルテレビを契約するべき?

うちは基本的に家族全員、地デジしかみません。そこでケーブルテレビを契約しようか悩んでいます。契約するのとしないのとではどのくらいコストが変わるのでしょうか?
ケーブルテレビと契約をすると、通常は専用のチューナーを購入しなくてはいけません。専用のチューナーがあることで、地デジ以外にも多くのチャンネルを視聴できるようになります。また、初期費用として、加入料金と工事費が必要になるため、トータルで3万円~5万円程度準備しなくてはいけません。そのうえ、毎月視聴料が発生するので、地デジしか視聴しないのであれば、ケーブルテレビに加入しなくてもいいかもしれません。いろんなチャンネルを視聴する方にケーブルテレビはオススメですが、地デジのみでいい方にはオススメできません

ケーブルテレビよりアンテナが安い

新築住宅にテレビアンテナを設置する場合、他の電気設備工事と一緒に行なえるので、アンテナ設置の工事費用も安くなります。また、アンテナ本体も安い商品であれば、約4,000円で購入することができます。購入したアンテナは10年近く使用することができるために、総合的に判断するとアンテナを設置する方がお得になります。

TOPボタン