アンテナ工事の前に種類を把握【デザイン性の高いアンテナ】

アンテナ工事次第で住宅の見栄えが変わる

外観にこだわりたいなら

新築住宅では、室内設備や環境だけでなく外観にもこだわりを持って、建築や設計をしているはずです。そのため、一般的なアンテナを設置すると、全体の雰囲気を壊してしまうこともあります。そんなときは、最新の地デジ対応のアンテナを設置するといいでしょう。美観を損ねる心配もなく、地デジを視聴することができます。

見栄えを良くするアンテナはコレ

アンテナ

一般的な八木アンテナではなく、外壁に設置できるボックスタイプのアンテナもあります。外壁に設置できるので、新築住宅にも溶け込みますし、スタイリッシュなデザインのために設置しても違和感はありません。また、外壁ではなく、室内や屋根裏に設置できるアンテナもあります。外壁をつたう配線もなくなります。外から見えないタイプのアンテナも現在はあります。

アンテナは大きく分けて2種類

テレビアンテナは大きく分けて2種類あります。「八木式アンテナ」と「デザインアンテナ」ですが、両者は特徴も見た目も異なっています。それぞれの良さを把握して、新築住宅のアンテナ選びの判断材料を増やしましょう。

八木式アンテナ
八木式アンテナとは、八木秀次、宇田新太郎によって開発されて、日本では最もポピュラーなアンテナです。向きや角度を調整することでテレビを視聴することができて、日本全国幅広く使用されているタイプです。
デザインアンテナ
近年登場したのがデザインアンテナです。ボックス型で見栄えよくデザイン性を重視する人に支持されているタイプです。送信所が近いエリアしか電波を受信することができませんが、住宅の壁面に設置でき高機能の商品も増えてきています。
TOPボタン